Z観てきました!

ONE PIECE FILM Z
初日ぼっちで観に行きました(´・ω・`)封切日に見たかったんだもん。

やはり満席状態でしたねー。
特典頂く行列で待ってる間にもう映像流れてました…
予告だからいいけどドラゴンボールZ予告見たかった。聖おにいさん予告見たかった。

先にパンフ買っててよかった。
ワンピース新聞も売ってましたよ!
自宅にすでにナミロビン号があってサンジは?と思ってたところだったので
とりあえずゾロサンジウソ号を購入。
声優インタビュー中井さんしかなかったネー。
ナニ…?第チョッパー号に平田さんインタビューが載ってる…だと?

座席、見やすい端のほう予約して行ったところ、隣残り3席小学生以下の少年達でした。
しかも来ないと思われたのか私の席も占領されてたwwwΣ(;´□`;)
そんな少年と一緒になかなかの長時間観てきました!
は、恥ずかしくないもんねっ!
お姉さん(!?)だってONE PIECE好きなんだよ!

ネタバレ含みますので、サンジ好き目線での感想は続きから!

いやーよかったですね。

腰が。

STRONG WORLDも圧倒的に壮大でカラフルでオシャレでカッコよかったですが
アニメ映画前期のお祭り騒ぎ的ノリが好きなのでFILM Zすんなりと楽しめました。
なんていうか、オシャレアニメじゃなくて漫画アニメ!って印象が強かった。
アヴリル・ラヴィーン主題歌判明した時から
やはりバリバリのオシャレ硬派ノリかと思っていたので意外でした。
アニメONE PIECEっぽさが出てて予想以上に満載だったサービスネタが美味しかったです。

漫画を意識されたオープニングアニメーション。
少年漫画だ!尾田っちだ!と荒くもスタイリッシュに表現されてました。
カッコイイー。アニメってこういうことできるから好き。
明らかにSTRONG WORLDとは違うぞ!って思えました!

ナミさん以外も若返り!?
前情報ではナミさんの子供姿しか知らず、ロビンと骨も若返るとは!
チョッパーまでも!
セコイ!ただでさえ可愛いのにそんなの可愛いに決まってるじゃない!!Σ(゜Δ゜*)
ロビンもちっちゃくなるのかと思ったら12年若返りなのね。
骨とか人間に戻るんかと期待しちゃったじゃない…
年齢ハッキリしましたね。ジジィだとは思っていたけれど。

目覚めたサンジ。
普段からどうしようもないフェミニストで
女性が子供に戻ったところでメロリン化するの???
しかし術にかかった女性陣を前に何も示すわけがない…
全く予想がつかなかったのですが

光源氏か。
( ゚д゚)

また新境地開拓しましたね。

ロリへの希望。

ハードル上がった。

これまで10年以上サンジを愛し続け
スネ毛発覚…オカマ道まっしぐら…左目逆渦眉発覚…
魚人島鼻血で瀕死事件の時もこの変態どうしようと思いました!

公式からの挑戦状。

サンジ愛の障害。

サンジの変態度が上がると同時に
惚れていいのか困惑も増します!

それでも愛します!!!\(^o^)/

心配いらない!
ってゆーかさすがの変態度に顔赤らめるナミちゃんがマジ可愛い。
もはやサンジ犯罪者や。

ゾロもモドモドすればいいのに!
篠原アインと対決するたび思ってました。あぁ惜しいっ!

温泉街!?マジかー\(^q^)/
こんなチャラけたネタしか思いつかない美味しすぎるご馳走、温泉…!
映画の内容じたいが硬派だろうと思ってたので温泉ワードが出て目が点。
は!?
温泉!?
裸!?

とか思ってるうちに男湯!

サンジの

腰!

尻!?

腰!?

手前に見切れているのは何!?

声はサンジだけど。
隣席に少年達がいたこともあって
脳内整理できずはしゃぐこともできず
淡々と見ることしかできなかった…
けれどあの腰タオルの隙間は。
あぁー…ルフィも尻丸出しやん。

青雉登場。
どう考えても映画の目玉。
温泉で再会とかイカス。
あの足を見せるには確かにBESTですよね。
しょーもないネタも思いついてしまうシーンでした。
これだから腐った脳は。
青雉さん本気出したら温泉全部凍りますね。

海は見ている〜♪
コヤス先生ワンマンショー!?
青雉さんのまさかソロで歌が流れてきてビビりました。
しかも長い。

すぐわかる下手なゲスト声優( ̄皿 ̄;;
今回も紛れてましたね。
アナウンサーはじめ女優さん等、一発でわかる声。
ONE PIECE映画はそれに媚びず声優のチョイスするので安心して見れます。
チョイ役の村人で目立たずよかったです。
先日TVで放送してた『エピソードオブルフィ』にもド素人ゲスト登場で萎えました。
すまないがあれは本当にひどかった。
なに喋ってるか全然わからなくて本当にびっくりしました。
え、今までもタレントの棒読み演技何度も聞かされましたけれど
素人って何ひとつ言葉がわからない声演技になることもあるんだと。

お願いだから声優さんにお任せして下さい。
それかせめて勉強してきて下さい。

そんな演技を耳で拾いつつ
島がピンチになるあのシーンまさに青雉さん助けに来てぇー!って思わされましたw
本当に来た。青雉マジカコ(・∀・)イイ!!

それにしても大塚芳忠さん。
公開前なかなか明かされなかったZの声にハラハラしてました。
大好きな芳忠さんで本当に安心しました。
ここのとこ電王まりメラと芳忠さん声に萌え燃えしてたとこで
Zの演技もそれらと全然違った方向で重厚感があってシビレました。
全てのキャラに説得力迫力を与えますよね。

バトルシーンの最強作画。
ゾロ戦サンジ戦の3Dよろしくグルグル動く画面。
スローで一コマ一コマ見たいィィィ!!!
戦闘スゲェと思ったら監督・作画監督ともプリキュアスタッフなんですね。
しかもハートキャッチ。納得です。
ハートキャッチオープニングや戦闘アニメものすごかったものね?
…ひょっとしなくても戦闘シーンは馬越さんゾーンなのかな?

BGMナシのラスト拳勝負ルフィ戦!
ここはスクライドか!?
ゴムゴムでスッキリってカンジじゃなかったのも寂しいっちゃ寂しいけれど
拳戦熱かったしZが完全悪じゃないのもわかるし
青雉さんが始終男気溢れた行動もよかった。
好きにするって難しいよね。しみじみ。

パンフの作画監督様コメント読んでみたら私罠にどっぷりハマってましたね。

サンジの腰タオルの隙間超グッジョブ!(・ω・)b
見事釣られてしまいました。

中井さんの仰る通り男性も女性も楽しめました!
平田さんの仰る通り久々にカコイイアニメサンジ!
戦闘後のセリフが御自分で考えられたとのこと、胸熱です。
惚れました!惚れなおしました!カッコよかったあぁぁ!

結局サンジについて魅惑の腰タオルのことしか書けてませんでしたが
胸板も素晴らし
カッコイイシーンもたくさんあります!
個人的にTVアニメでこれから突入するであろうシーザー編の
超イケメン台詞を全裸正座待機してます。
それまでは映画でイケメンサンジをハスハスしてたいと思います(*´ω`*)

これらを踏まえてあと2回は観ますよ!(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA