劇場版ルパン三世VS名探偵コナンを観た感想

年末休暇活かしてボッチ席で家さながらくつろぎニヤニヤしながら見ました。

ひとつのエンターテイメントとして非常に面白かったです。

では、ネタバレ感想です。

 

私はどちらかというとルパン派でして、怪盗キッドあんまり知らないんです。

なので序盤は新一時代かと思いました。みなさん結構手前で気づいたのですね(^ ^;)

前回テレスペでは小五郎神谷明さんがルパンの声真似してて感動したのですが

今回はキッド山口さんがされるとは。

モノマネでよくあるルパンなので簡単なのかしら?

結構凄い演技なのでわと思っているのですが。

 

オープニング!めっちゃ興奮しました!作画がカッコイイのは当然なのですが

ルパン側は緑ジャケ1st一発目のオープニングをリメイクした内容なんです。

これパッと分かる人あんまり居ないのでわ…分かって凄いニヤニヤしちゃいました。

他にも今までの映画だかテレスペだかに出てたキャラが

ちょこちょこモブに居ましたよね…?深くは知らないのでなんとなくアレ?と

思ったくらいでしたが見つけると嬉しいものですね。

 

銭形。高木刑事らと行動を共にするのですが

そのあたりのくだりがお茶目すぎてらしくないなぁ~って感じてしまいました。

銭形警部はクソ真面目なのが魅力だと思っているのでとても違和感。

お茶目は五エ門に任せなさいな。

そもそも私は山ちゃんの声にいまだ馴染めてないままなんですよね(^_^;)

納谷悟朗さんが素晴らしすぎたのと

山ちゃんの声が御本人や別のものに馴染みありすぎるからでしょうね。

コナン警察キャラとの橋渡し役に徹してた感じがしました。

佐藤刑事がルパンと銭形の間でちょうどいいヒロイン位置だったので(高木さ…)

あのままもう一本出来るんじゃないかとも思いました。

 

五エ門序盤テライケメンだったのにやはりネタに走りますかwww

少年探偵団との掛け合い最高でした。

すっかりネタキャラ定着してるなぁとしみじみ。

テレスペはもちろん峰不二子という女でもサムライフレンズでしたから

もう五エ門昔のことは忘れてそのままでもいいよw

でもちゃんとつまらんものを斬っていました。

定番だし分かっていても黄色い声出しそうになるカッコよさでした。

 

次元は相変わらずパパでした(^_^;)

ルパンを超えてコナンと深い繋がりに公認で定着しちゃってる

恐ろしいポジションの次元。

コナンに振り回される可愛さと事件フラグを共に乗り越えられるスキルと

振り切りまくりなギャップに萌え転げました。

 

不二子と灰原の関係も美味しかったですが

灰原が昔の貴女はそんなんじゃなかったとツッコミ入れたのも素敵でした。

ルパンファンである青山先生のこだわりが出たのでしょうか。

ずっと見てるファンなら誰もが思うことで、とてもスッキリしました。

ハーレー載ったから回収できた伏線だけではなく

今後のテレスペ等にも不二子ちゃんには反省して活かして頂きたいと思います(^_^;)

 

ルパンも相変わらずの器用さとセクシーさで格好良かったです。

・・・私どうしても次元五エ門寄りに見てしまうので印象が・・・Σ(゜ω゜;)

不二子ちゃん押し倒してる時いつも以上にエロくて

よくやった!と思いました(そこだけ!?)

 

キース緑川さんは最後の方1カット程度に出ています。

ちょこっと登場なのですが、美声にニヤニヤさせて頂きました。

よく考えたらルパンもコナンも全く知らないって方はいないでしょうから

少しでも緑川さんの美声聴きたくてついでにルパコナ楽しむには充分な内容ですね。

喋る量としては、もちろんテレスペをオススメします(*´ω`*)

 

キャラが多い分それぞれの活躍が減ったか?と心配でしたが全然そんなこともなく。

ルパンテレスペ見てる時よりキャラのブレにハラハラすることは無かったです。

ある程度受け入れられる2nd世代だからかもしれませんが。

 

あと何よりルパン三世を劇場のスクリーンで見れる感動がありました。

DEAD OR ALIVEは劇場で見たかどうか記憶怪しいくらいの年でしたし。

欲言えばルパン三世単独の映画やって欲しいですね。

テレスペのようなファミリー向けかOVAのようなハードなマニア向けか

中途半端なのはやってほしく無いですが峰不二子という女をやりきったんだから

頑張れば凄いの出来なくは無いんじゃないかなぁ?

 

もう一回見てみたいけれど、きっとTVでもやってくれると思うのでそれ待機で。

終わった後におまけ映像が少しあったのでそれは劇場だけかもしれません。