スレイヤーズ25周年「公式」アンソロジー発売です!![ゼルアメ目線でネタバレ感想付き]

ついに発売されました25周年記念公式アンソロジーが!
本屋さんでは、今の時期ですと新刊ラノベコーナーにちょこんっと並べられてることが多いようです。買い占めて重版にさせましょうw

「スレイヤーズ25周年あんそろじー」とは?

スレイヤーズ原作小説はじまって25周年なんですね。

そこで『スレイヤーズを愛してやまない作家陣による、あんそろじー』と銘打って、とんでもなく豪華なアンソロジー小説が公式より発売されました。

内容は「アニメのスレイヤーズめっちゃ見てたわー竜破斬覚えてたわー」って人でもライトに笑えて楽しめますし、豪華なプロ『作家陣』が執筆されているので「こーゆー解釈でいくかー!」とヘビーユーザーでも楽しめる内容なのではと感じました。

キャラやカップリング崇拝派には、賛否ありそうな話もあるかも。
でも意外にもあのキャラの話やるんだ!ってのもあって、崇拝者によってはとんでもないフルコースが待っています。

私個人は、細かい設定に引っかかる部分は『あんそろじー』だから!と思って受け入れています。

・・・そもそもゼルアメも元々は原作本編には描かれていないものだから・・・(ヽ´ω`)
描かれていない=無いものではなく、可能性がゼロじゃないってことで。そんなのりしろがあるのもスレイヤーズの魅力ですよねッッ!?

ご覧の通り、帯には林原めぐみ閣下直々のコメントが表も裏にもビッシー!と書かれてます。
長年ちょびちょびと投下される燃料をしゃぶりつくして生きながらえ追い続けてきたファンには、これほど勇気付けられるコメントはありません(´;ω;`)

あらいずみ先生は体崩されることが多いですし、神坂先生は鋼鉄のポリシーで本編完結されてますし、恐れ多くて言えないことをリナ=インバース様がズバっと言って下さった印象ですwww

なにより公式各社様には燃料が足りてないことを思い知って頂きたい所存。
作者が動けないならこれまでのストックから画集ができるし、スピンオフ漫画だってできる。
アニメが動けないならドラマCDがある。
売れないならファンが大手を振って宣伝しますよ!!!!ヾ(:3ノシヾ)ノシ

他にもたくさん寄稿されていますが、やはり私はゼルガディスをフィーチャーしたい!!

さて、分別なくゼルガディス=グレイワーズを愛する当ブログではゼルガディス登場話の感想のみ思いの丈を存分に叫びたいと思います。

リナもナーガも四人組や魔族の話もよかったよ?でもね。

まさかですよ。

ホント。

こんなにゼルガディスさん出てくると思ってなかった!!!!!(´;ω;`)
ゼルガディスさん愛されてますよ!!!

それでは以下スレイヤーズ25周年あんそろじーネタバレ感想です。

当然ゼルアメ寄りの発言しますよ?当然自己責任でどうぞ(・ω・)ノ

日日日先生『ミリアンヌの肌』

震えました!(´;ω;`)

本2話目にしてゼルガディス単品作品見れる衝撃と、シビれるクールで冷徹な魔剣士感が溢れる内容だったことでもう脳内映画化決定です。

あぁ、これが「ゼルガディスはハードボイルドカテゴリ」なのか・・・!

いろんなキャラのファンにスマン!と思いながら、これほど嬉しいことはないwww

ヌンサの設定それでよかったっけ?って本編また読み返さなきゃいけないのですが、ヌンサが居ることで話を和らげて本編へも繋げてくれています。全てのヌンサ台詞が塩屋浩三さんボイスで再生されますし。もちろん緑川さんボイスで脳内再生余裕でございます。

相変わらずひねくれた無口で不器用でクールなイケメン顔のゼルガディスさんが、ちゃんと人間臭さを持っている、ついつい長居してしまったあたりとか。もう色々のシーンで。下手すりゃミリアンヌに恋してたかもしんないし、元に戻る旅をせず、こんな過ごし方もあるいはと考える姿。

そしてミリアンヌの素顔なかなかのグロ表現で、私は一番苦手な部分というか、なによりもそれはキツイよねと感じる状態が出てきたので衝撃的で。

でもその姿を見て、ゼルは嫌悪したワケじゃあないんですよ!元々それらしい状態だろうと予想してた上で美しいと感じた、ゼルの境遇もあってのことだけど、それでも美しいと思えるゼルの中身ですよ。

あとラストの切なさ。

もっと簡単にラスト締めくくることもできたのに、ゼルの行動ひとつひとつがとても丁寧に描かれていて。

簡単に言うと『ゼルガディスさんうわああああああぁぁぁ(´;ω;`)』ってことなんですが(伝わらないw)

これだけのゼルガディスの魅力を深く原作を崩すことなく出して、戦いのカッコ良さと立ち居振る舞いで盛りつけていて、これぞ読みたかったゼルガディスさんの話。本当に素晴らしかったです。スタンディングオベーション。

緑川さんの演技でこれ味わいたいなああああ!!!!
(届け公式に)

そして新カップリング、ゼルミリ爆誕。
その上でまたゼル外伝も読み返さなくては。

初見陽一先生『呪術遺跡の偽愛戦争』

まさかのゼルリナー!!Σ(´□`;)

これめっっっっちゃびっくりした。
ゼルとリナの話か、まぁ魔道士博識者同士ありえるよね。って思ったら、偽装カップル話!!!!!

度肝抜かれました。いや、私はとても美味しく頂けますけど、他のファン息してますか?大丈夫ですか?(;・∀・)

いやー、これどちらかというとガウリイ的な立場の台詞じゃね?とか、ハラハラしながら、たまにゼルがリナを獣のように扱うとちょっと安心しちゃったり、複雑な気持ちで読み進めていました。

はー、割りとギャグでしたね。
ってゆーか凄かったですね。小説形式でこんなゼルガディスさん見られるなんて。しかも一応公式で。
あんそろじーで多彩な作家陣が集まるとこういうことも起きるんですね!

遠慮せず素直に言うとありがとうございます!とっても美味しいです!!!
モグモグゴリュゴギュゴックンペロリ。

こんなゼルガディスさんアニメでもちょっとあるかないかギリの崩れっぷり。

テレゼル、エロゼル、クールに優しくて意外性。

アニメで惚れた魅力が詰まっていました。

やーい、すけべぇゼルガディスさーんヽ(・∀・)ノヒャッホゥ

「これはこれで」

もうこの一言に尽きます。無くはないよ!無くはない!!!

まわりの友達が屍になるかもしれませんが、これも緑川さんと林原さんの掛け合い演技を見たいなああああ!!!!(さすがに無理か)

いやぁもうファンの中では色々ありましたね(;´∀`)やっぱそーだよね。

私の場合、このゼルリナも美味しく頂いたのち

後日談のゼルアメに繋げる妄想を繰り広げています。

神坂一先生『スレイヤーズいんたーみっしょんリナ=インバースの記録』

きたああああああああああ!
神坂先生のまさかまさかの仲良し四人組ストーリー!!!!

いんたーみっしょんシリーズで連載再開したらいいんじゃないでしょうか!?

ないでしょうか!!!!?

ないですかねー?これは本当にテンション上がったよね。子猫ちゃん。

やらかしたアメリアもかわいいし、さりげなくナーガ・ゼロスのエピソードも含めつつ、無理のない展開。

アメリア、よくぞやってくれた!
ゼルがアメリアの不正?を正す会話はもうゼルアメですよね。

全員ちゃんとしっかり絡んでいていつものスレイヤーズメイン料理でございます。って感じがしました。

で、ゼルは出てないんですが、橘先生の世界滅ぼし会議も物凄かったですwww

すごくニヤニヤしながら読みましたw魔族クラスタでなくても笑える。
スレイヤーズほんと幅広いw

実は不遇な保護者、ガウリイ

みなさん密かにそー思ってるんぢゃないかなー?って思うのは

総合的にガウリイの出番が少ない。

あれ?リナのヒロイン保護者でしたよね・・・?
作中の一番重要なイケメン男子のハズなのにこの扱い。

読めば読むほどゼルの出番に浮かれつつもガウリイのことが心配になり最終的に不憫なガウリイを愛するとこまで来てしまいましたΣ(´□`;)

光の剣が無いためなのか…ネタ満載なゼルガディスさんのほうが弄りやすかったのか…

ガウリイのためのあんそろじー2を出して欲しいです!そのうちの1個くらいにまたゼルがあればいいなΣ(・口・)

リナとーちゃんとの話とかガウリイ超よかったのに!ヾ(:3ノシヾ)ノシなんでやー!
ネタが無いわけじゃないと思うよ!
実はガウリイさんが一番ミステリアスなのかもしれないよねゼロスさん!ww